FX取引のメリットを考えてみる

FX取引には、株式取引にはないメリットが多数存在しますが、今回はその中でもレバレッジについて解説いたします。

レバレッジは「てこの原理」の意味を持つ用語で、
分かりやすく言うならば、少ない取り引き資産額で、大きな金額の取り引きを行うというものです。

例えば10万円しか持っていないけれども、100万円単位の取引が出来るということです。もちろん、利益を被ることが出来る反面、損失を被るハメにもなるのでご注意を。

レバレッジの恩恵はそれだけではありません。リスクヘッジにも活用できることがレバレッジの大きなメリットの一つでもあります。

例えば1ドル=100円として、銀行で1万米ドルの預金をしていたとしましょう。
もし円高が1円進めば、1万円の損失を被ってしまうことになりますね?

しかしながらFX取引を利用し、1万米ドルを売っておけば、1円の円高で1万円の利益を得ることが出来るわけです。

この原理にレバレッジを応用すれば、例えばレバレッジ100倍を適用していれば、1万円の預金で1万円の利益を被ることが出来るわけです。

レバレッジの倍率設定限度はFX会社によって様々で、数倍〜数百倍のレバレッジ設定をすることが出来ます。
よって少ない資金でも、数百倍の利益を得ることが出来る可能性だってあるわけです(逆も然りな訳ですが)。

しかしながら、大きなレバレッジをもってして取引をするときには超短期的な取引をお勧めします。
少しの値動きでも損失や利益が出てしまいますから、かなり集中して値動きを見張る必要がありますね。

逆に低いレバレッジ値で取引をするときには中長期的な取引をしても問題ないと私は思っています。

高いレバレッジであれば少額の資金、そして短期的な投資。低いレバレッジであれば多額の資金、そして長期的な投資。
これらを原則として、自分にあった投資方法を熟考してみえはいかがでしょうか。
人によって様々な方法を持ってして取引をすることが出来るのがFXのメリットの一つですね。

八王子 美容室

リンク

  • TOP
  • 投資方法を元にしたFX会社選び
  • 取り扱うを通貨考えるFX会社選び
  •